株の長期投資と短期投資のやり方では、どのような違いがありますか?

株の投資期間の長短は、初心者であっても何を目的にするかで変わってきます。

基本的な長短の決め方についてお話ししておきましょう。

◎長短の期間を自分で定義して決める。

株式投資のスタンスの長短を論じる前に、まず長期と短期の期間を、自分なりの期間で決めてみましょう。

一般的に良く長期的投資とか短期的な視点といった言い方をしますが、株式投資の場合は、投資家が自分にあった投資の長さを決めて構いません。

たとえば四半期ベースで3ヶ月ごとに4期分1年を短期とする、4期分3回り、3年を長期とするなどです。

日本の場合は春夏秋冬の1年で、株価が大きく変動するヤマを4つもちますので、それが1つの目安になります。

◎初心者であればもっていたい季節感。

季節変動という捉え方が株式投資には重要になります。

初心者はそのことをまず念頭においてください。

春夏秋冬で食品が変化し、衣類も変わります。

それにつれて流通も変動しエネルギー需給も変わります。

短期を1年、中期を2年、長期を3年と設定すれば初心者でも落ち着いて株取引ができます。

季節感をもっていれば半年刻みでも構いません。

そのうえで長期は企業支援のための投資、短期を差益獲得のための投資などと位置づけましょう。

◎長期は企業支援的な投資、短期は差益目的のための投資。

初心者でもそのような立分でメリハリのある株式投資が必要です。

長短の区分けもなく投資していたら、株価だけで売買を繰り返すことになります。

“長期・短期の違い”を言うなら、これまでお話ししたように、投資目的に違いがでることです。

銘柄の株価の上下動を知る手がかりにもなります。

This entry was posted in 投資の期間と選定方法. Bookmark the permalink.

Comments are closed.